お知らせ news

診療カレンダー

2022年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

休診

午後休

午前休

時間変更

12月・1月・年末年始の休診日について

雪だるま画像
12月・年末年始のひまわりデンタルクリニックの休診日についてご案内致します。

【12月の休診日】
12/1(木)、12/4(日)、12/7(水)、12/11(日)、12/15(木)、12/18(日)、12/20(火)、12/25(日)
12/29(木)は午後休診となります。

【1月の休診日】
1/1(日)、1/2(月)、1/3(火)、1/8(日)、1/9(月・祝)、1/12(木)、1/15(日)、1/17(火)、1/22(日)、1/25(水)、1/29(日)
1/11(水)は午後休診となります。

◆12/30(金)~1/3(火)は年末年始休診となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
カレンダーと詳しい診療時間につきましては、こちらをご覧ください。

診療カレンダーはこちら

お腹の赤ちゃんのためにも歯周病予防が大切です

妊婦さん画像

妊娠中はつわりの影響で歯磨きがつらくしっかり磨けない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は妊娠すると女性ホルモンの影響で歯ぐきが炎症を起こしやすかったり、唾液が変化することで細菌が活発になったりと歯周病のリスクが高まります。
歯周病がひどくなると早産や低体重児などの危険性が高くなると言われていますので、元気な赤ちゃんを出産するためにも日頃からの予防が重要です。
将来妊娠を希望されている方は、妊娠する前からお口のケアをしっかりしておくのがおすすめです。
妊娠中の方でも歯のクリーニングや虫歯・歯周病の治療は可能ですので、つわりが落ち着いて体調のよいときにいらしてくださいね。

※ひまわりデンタルクリニックでは仙台市妊婦歯科健康診査をご活用いただけます。

マタニティ歯科について

お子さんの不安を減らすための取り組み

チャレンジシート写真

「歯医者さん怖い!」「歯医者さんイヤ!」などと歯医者さんに行くのが苦手なお子さんも多いのではないでしょうか。
親御さん以外の大人にお口の中をチェックされたり触られたりするのが怖い、機械の音が苦手、など理由は様々あるかと思います。
特に小さなお子さんは慣れない場所にドキドキしています。

そこで、ひまわりデンタルクリニックでは小さなお子さんにも診察や治療の内容を分かりやすく伝えられるように手作りの絵本を準備しました♪

「こんな機械があるよ」「こんな音がするよ」と、かわいいイラストを使ってしっかり説明いたします。

上手に受診できたらスタンプを押してもらえる「チャレンジシート」もご用意しましたので、楽しみながら歯医者さんに通ってもらえればと思います。

スタッフ一同、一緒にお子さんの成長をサポートさせていただきますので、お子さんのお口やケアについてなどお気軽にご相談くださいね♪

小児歯科について

セラミック治療で自然な色の歯に

綺麗な歯の女性写真

マスク生活が続いていると、いざ外す場面になったら口元が気になる…という方も多いのではないでしょうか。
歯並びや歯の白さもそうですが、口を開けたときや笑ったときにキラッと見える銀歯が気になる、という方には、セラミック治療がおすすめです。

セラミックは、自分の歯と同じような透明感があり、変色しないので虫歯治療をした箇所も目立ちにくいという特徴があります。
さらに、歯垢がつきにくい、強度がある、という嬉しい点も。金属アレルギーも起こさないので、体にも安心です。
ただ、セラミック治療は保険適用外ですので、保険適用となる銀歯と比べると費用が高くなるというデメリットもあります。

ひまわりデンタルクリニックでは、一人ひとりのご要望をお伺いしたうえで最適な治療法をご提案しますので、気になる方はお気軽にご相談くださいね。

セラミック治療について

お子さんの歯並びで気になることはありませんか?

笑顔の子ども写真

お子さんのお口について、こんなお悩みはありませんか?
□歯がデコボコして生えている
□受け口が気になる
□すきっ歯を治したい
□出っ歯が気になる
□口が閉まらない
□嚙み合わせが深い

このような状態はすべて小児歯科矯正で治療ができます。
お子さんの歯並びの状態によって治療に適したタイミングがありますので、幼児期から定期健診を受けておくのがおすすめです。
ひまわりデンタルクリニックの定期健診では、毎回、虫歯予防と歯並びのチェックをしますので、矯正治療が必要な場合は適したタイミングで始めることができますよ。

小児矯正専門の歯科医師がお子さんのお口の状態をしっかり確認し、適切な治療方法をご説明しますので、お気軽にご相談くださいね。

『小児歯並び矯正』について

夏休みも虫歯に注意しましょう

歯ブラシの画像

夏休みに入ると学校があるときのように規則正しい生活リズムが難しくなったり、また、最近はコロナ禍で家にいる時間が増えた、というお子様も多いのではないでしょうか。

家にいる時間が増えると、ついついお菓子やジュースを「だらだら食べ」してしまうこともあると思います。しかし、この「だらだら食べ」が虫歯リスクを高める要因の一つだということをご存じですか?

物を食べるとお口の中は酸性に傾きます。通常であれば唾液の作用でお口の中はまた中和され歯も再石灰化されるのですが、だらだら食べているといつまでも中和されず、虫歯菌が増えてしまいます。

対策として、おやつの時間を決めておく、飲み物もジュースや牛乳など糖分を含むものの飲み過ぎに注意し、おやつの時間以外はお茶にするなどするとよいですよ。

また、学校歯科検診で虫歯が見つかった、というお子様は、夏休みの間に治療をしておくのがおすすめです。長期休暇中にお口のメンテナンスをしてピカピカの歯で新学期を迎えましょう!

ひまわりデンタルクリニックでは、「正しい歯の磨き方を教えてほしい」「ちゃんとケアできているか心配」などのご相談も承りますので、虫歯が無くても不安なことがあればお気軽にお声がけくださいね。

小児歯科ページ

ご予約TEL:022-353-7631

歯周病も予防が大切です!

歯周病予防画像

皆さんは歯周病についてどのようなイメージを持っていますか?
歯ぐきに痛みはないから大丈夫と思っていませんか?

実は、歯周病は歯を失う原因第1位の怖い病気です。しかも自覚症状がほとんどないまま進行し、痛みが出るのは末期になってからなのです。
そしてなんと成人の約80%以上の方が罹っている病気なので、知らないうちに歯周病になっていた、などということも…
気づいたときには重症になっていたということも多いため、日頃から予防、早期治療に努めることがとても大切です!

<歯周病にならないため、悪化させないためにできること>
①しっかり歯磨きをしましょう
歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシ、舌を磨くブラシを使って歯垢が残らないようにしましょう。ただ磨くのではなく、汚れをしっかり落とせるセルフケアが大切です。

②歯のためには禁煙をしましょう
タバコを吸っている方のほとんどが歯周病と言っても過言ではありません。タバコは血液の流れを悪くするため、体内の機能に酸素や栄養が行き渡らなくなります。それにより老廃物の除去もうまくいかなくなるのです。

③定期的にメンテナンスをしましょう
セルフケアでは取り切れない歯周ポケットなどの汚れは歯医者さんでのプロのケアも重要です。また、定期的に歯や歯ぐきの状態をチェックしていれば問題があっても早期発見ができます。

ひまわりデンタルクリニックでは一人ひとりに合わせた診療、メンテナンスを行っています。セルフケアのアドバイスもしていますので、疑問や不安なことなどお気軽にご相談くださいね。

歯周病治療ページ

お口の「定期メンテナンス」で健康な歯を保ちましょう

定期メンテナンス

「虫歯や歯周病などの治療や修復が終わったから、もう歯医者には通わなくてよい」「歯のクリーニングをしているから大丈夫」などと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、治療が終わっても、歯のクリーニングをしていても、それだけではお口の健康を保つには不十分なんです。

そこで、治療などでお口の健康状態が良くなった患者さんの歯を守っていくために行うのが「定期メンテナンス」です。「定期メンテナンス」ではご自宅での適切なセルフケアと、クリニックでの歯科衛生士のプロのケアの2つでお口の健康を守っていきます。

お口の状態はひとりひとり違うため、ひまわりデンタルクリニックではそれぞれに合ったケアを行っています。
幅広い知識と優れた技術を持った歯科衛生士が、セルフケア指導、悪いところのリカバー、気になる部分の相談、歯科医師との連携などあらゆる角度から診てオーダーメイドな対応ができる体制を整えていますので、一緒にお口の健康について考えてみませんか?

定期メンテナンスページ

防災用品の見直しにお口ケアグッズも追加しましょう

防災用品のお口ケアグッズ画像

3月16日(水)の地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

この地震をきっかけにあらためて防災グッズや備蓄の見直しをされた方もいらっしゃるかと思いますが、非常時のお口ケアについての備えは大丈夫ですか?

非常時は水が使えなくなるなど、口内環境を清潔に保つのが難しくなります。しかし、口の中が汚れていると虫歯や歯周病だけでなく口の中の菌が身体の健康にも悪影響を与えてしまうことも。
また、健康状態が悪化してもすぐに病院に行けるとも限りませんので、日ごろからお口ケアグッズについても備えておくと安心です。

【防災バッグにあると安心のお口ケア用品】
・歯ブラシ(家族分)
・コップ
・洗口液
・キシリトール配合のガム
・ウェットティッシュ状の歯磨きシート

水が不足しているときは洗口液でうがいしたり、うがいができない小さなお子様などには歯磨きシートでお口を清潔に保つようにしましょう。
歯ブラシや歯磨きシートが無い場合は、濡らして固く絞ったタオルやハンカチ、アルコールが入っていないウェットティッシュなどを指に巻き、歯の表面をこすってしっかり汚れを落としましょう。

ひまわりデンタルクリニックでは、お子様でも使いやすい青りんごフレーバーの洗口液もお取り扱いしておりますので、デンタルケアグッズについてもお気軽にご相談くださいね。

災害時でも口内環境を健康に保つために、日ごろから備えていきましょう。

おすすめデンタルケア

お口のお悩み、お気軽にご相談ください!

「今のところ、歯が痛いわけじゃないから…」
「口の中の状態に自信がないから、見せるのが恥ずかしいし…」
などと思って歯医者さんに行くのを迷っている方も、一度ひまわりデンタルクリニックに相談してみませんか?

歯科衛生士は、お口と歯を守るプロフェッショナルで、国家資格を保有しています!
患者さんの不安や気になることをじっくり聞き、よりよい解決策をご提案します。
「歯を残すためにはどうしたらいいの?」
「健康を保つためにはどうしたらいいの?」
など、お口の将来について一緒に考えましょう。
患者さんがお口に自信を持てるように全力でサポートいたしますので、安心してご相談くださいね。

予防歯科ページ

ご予約TEL:022-353-7631